2007年12月10日

大型FRP成型の潟Aートステージを訪問

長さ3.6mの人造大理石カウンターなど大型FRP加工を行っている潟Aートステージ。
木下 光夫代表取締役、鳥家 要一常務取締役工場長にお話をお伺いしました。 


art1.jpgart0.jpg
写真_左:鳥家常務 右:木下社長  写真_アートステージ

業務内容を教えてください。

FRP成形によるキッチンカウンターや業務用水槽、絶縁物の製造です。

会社名の由来は何ですか。

実は以前「ヒラタ」という会社の津山工場でしたが、H11年に倒産(和議申請)したんです。
当時私は大阪本社から津山に赴任し管理する立場にありました。倒産の原因は経営者による本業以外への投資でしたので、なんとか会社を継続させたいと当時50名くらいいた従業員の内12名で再スタートしました。

その時、いろいろとつらい思いをしましたので、自由に絵をかきたい(仕事をしたい)という意味を込めてアートステージという名前にしました。
よく看板屋さんと間違われるのが残念ですが(笑)。

再スタートしてからはどうでしたか。

一番つらかったのは土地、建物が抵当に入っていたことです。設備は使えて製造できていましたが、信用が低くなかなか販路が増えませんでした。

H17年に債権者の理解を得て土地、建物を自社のものにすることができ、H14当時1千万/月の売上だったものが6千万/月になっています。倒産した後は給料も半分でしたが、今は大丈夫です(笑)。

お二人とも津山の方ですか?

木下社長:私は島根の出身です。大阪に長くいましたが津山はのんびりしていいところですね。

鳥家常務:私は地元です。実は体育大学を出て体育の教師になろうとしていたのですが、郷里に帰らなければならなくなり、全くの畑違いでしたが頑張ればなんとかなるだろうと入社しました。当時は工場も1棟だけで、最初に仕事を教えてくれたのが今の社長です。

従業員に求めることは何ですか?

毎年年始に目標を出してもらいます。「頑張ります」と書いてあれば、何をどう頑張るのか具体的なものになるよう話をしています。野球でもポジションごとに役割があるように、従業員にも自分の役割、目標をきちんと持って欲しいと思います。

また、月に1回主任以上の社員を集めて経営会議を行っています。前の会社のときは本社で売上を管理していたので、会社の状況は誰も知りませんでした。毎月の会議で課題や目標を共有できるようにしています。

art5.jpg


どんな方を採用しますか?

地道にやっていますので、定期的な採用は行っていないですが、まじめさ、協調性などやはり人間性をみます。一緒に働き、楽しく意見交換できる人がいいですね。

目標を教えてください

H19年度の経営方針は
「基本を忠実に遂行し、顧客の変化に即応した改革力を養い、収益意識の向上に努め、社会的価値観を高めよう」というものです。

今、戸建住宅の件数は減少してきていますが全体のパイが減ってもシェアを伸ばしていきたいと思います。

また、自社に2500tプレスがありますが、この設備は中国地域でもあまりないようです。少しずつ設備を入れ、今の会社規模の1.5倍くらいを目指しています。

art4.jpg
写真_2500tプレス

H17年入社の仁木 大輔さん(S54年生まれ)にお話をお聞きしました。

art2.jpg
写真_仁木さん

どうして入社しようと思いましたか。

高校を出て酒の卸問屋に就職しました。雰囲気も良く楽しかったのですが、会社側のこともあり7年8ヶ月勤めましたが辞めてしまいました。ハローワークで仕事を探した中で、土日休みで条件も良かったこの会社を選びました。

現在の仕事を教えてください。

最初はプレス機で製造をしていましたが、今は最終製品の出荷をやっています。

困ったことなどありませんか

夏は暑いですね(笑)。特に製造ではプレス時に熱がかかるので、肉体的にはちょっときついですよ。

art3.jpg

社会人になって感じることは

責任ですね。給料をもらっているということは会社に対して責任があると思います。

これから就職する人に何かアドバイスは?

自分のやりたいことを見つけることができれば、一生懸命になれたり我慢できたりすると思います。自分自身もやりたいことが何なのかまだ見つけられていないところがあります。やりがいができればいいですね。

自社をPRしてください。

経験が無くても上司や社員の方々が丁寧な指導をしてくれ、すごく良い人ばかりで明るく楽しい職場です。


取材後記
とても明るく従業員の信頼も厚い木下社長と鳥家常務。
マイナスからの再スタートで大変苦労されたお話も明るく語って頂き、恐縮でした。
財産の2500tプレスを活かして、さらなる発展を期待しています。
(取材 尾高、沼)
posted by tsuyama-sangyo at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 潟Aートステージ